俺はもう本気だしてるんだけどなぁ。

~かーりーの、ブログ~

ポテトは英語で何て言う?~言語が思考を作る~

                             

                        f:id:keikariyan:20180907153812p:plain


知人の4歳になる息子さんは英会話教室に通ってるそうです。その息子さんと知人の会話、ファミレスにて。

「パパァ~、ポテトは英語で何て言うか知ってる??」

「ポテトはポテトだよ」

「違うよパパ、ポテイトだよ!」

「・・・。」

「トマトはトメイト!」

おそらく息子さん的には細く刻まれカラっと揚げられたヤツは日本語でポテト、皮とか土とかついている丸くゴロゴロした状態のヤツはじゃがいもなんでしょう。

ポテトもトマトも日本語として使われているので、発音の違いだけ。息子さんの言っている事は間違ってはいませんが、、、。

 

ちょっとした笑い話ですが、笑ってばかりもいられません。

 

そもそも子を持たぬ僕が言うのもなんですが、なぜ多くの親は子が3,4歳くらいになると英会話教室に通わせたがるのか、イマイチ理解できません。

一番大事な日本語がまだまだ覚束ないのに、、、。

確かに生まれてからの数年は人生で一番吸収力があり、一番学習する時期です。たった3,4年で何の知識も持たぬ状態から親の使う言葉を理解し、扱えるようになるのは驚異的です。

それに乗じてその時期に英語も、とういことなんでしょうか?もしくは喋れるようにならなくても将来英語は何かしら役に立つだろうから、少しでも身近に感じてもらえればということなんでしょうか?

例えばある言語を習得しても頻繁に使わなければ忘れてしまいます。日本に住んでいる以上やりとりは当然日本語、メディアの情報も日本語。

早い時期に英語を習わせたとしても、多少英語というものを身近に感じるでしょうが、ただそれだけのことです。

 

あと大人の勝手な先入観や勘違いもあるでしょう。

今はもう国際社会。国際人として英語を喋れなくては、英語喋れる人=国際人と思うのでしょう。これは大きな勘違いであり、国際人かどうかのの本質はそこではありません。こんな話があります。

 

アメリカのある田舎の農業をやってる老人にインタビューをしました。

「おじいさんは今までに海外旅行したことはありますか?」

「ああ、昔1度だけ。」

「どこに行かれましたか?」

「ニューヨーク!」

 

アメリカは建国当初は今のEUのように複数の国が寄せ集まった状態であり、その歴史を踏まえれば、この老人の感覚、分からなくはないですが、、、ただ建国して200年以上経っています。

 

このインタビューのやりとりは当然英語。ではこの老人を国際人と呼べるのか?おそらく誰に聞いても答えは否でしょう。

 

英語をどんなに流暢に喋れても、日本人として当然知っているであろう日本の知識や教養を持ち合わせていなければ、中身のないヤツと見なされて国際社会からはじかれてしまいます。

逆に英語はだどたどしくても、日本に関するあらゆる質問をしても答えることができ、また深い知識や教養を持った中身のある日本人は国際社会でも一目置かれることでしょう。

 

子供が大きくなり将来を自分で決める段階になり、国際的に何か仕事をしたいと考えたなら留学したいと言いだすでしょう。親はその時に支援してあげればいいわけで、留学すれば英語はイヤでも身につきます。

 

ちなみに日本人が日本的なのは単に日本に住んでるからだけではなく、日本語を使っているからです。人はその言語を超えて考えたり感じたりすることはできません。そう、言語が思考を作るのです。

 

国際社会を意識するのなら大事なのは英語ではなくむしろ日本語であり国語です。幼い頃からしっかりと正しい日本語を学ばせる。そうする事でおのずと日本的素養も培われます。

英語がどんなに喋れても海外に出ればそんなやつらばかりです。珍しくもなんともありません。大事なのは日本人としてのふるまいだと思います。

 

中学高校と英語の授業に費やした時間はどれくらいか。

もし仮に学生時代に英語を一切習わなかったとしても今の人生とそう違いはないでしょう。英語力が多少なかったとしても何かのおりに英単語などを知りたい時はググればいいわけで。

日本に住んでる以上何の問題もありません。

英語の授業に費やした時間を国語や歴史に当てた方がよっぽどマシだったような気がします。

英語に割く時間はだいぶ増えているようで、、、。

”何かおかしくない??”と偉い人達は誰も思わないのでしょうか?

 

 

 

 

8月15日~終わらざる夏~

昭和20年8月15日、祖母はこの日、鹿屋から実家の有明町までの数十キロの道のりを一人トボトボと歩いて帰ったという。

祖父は大人達と一緒に雑音がひどい玉音放送を聞いていたという。

 

この日を境にそれまでの正義が悪に、そしてそれまでの悪が正義に変わった。

 

「今までのはなんやったとけぇ?こげんかわっもんかねぇ」

(今までのはなんだったのか、こんなに変わるものなのか)

祖父はこんなふうに思ったそうだ。そしてこんなふうにも、、、。

「まぁ、戦争に負けっしもたでねぇ」

 

昭和の初めに生まれた世代は10代の多感な時期にこの境目に遭遇している。

このあまりの変わりように、どんな風に一人一人自分の中で納得していったのか、あるいは納得できたのか、想像してみるけれど、、、あの時代の空気を吸った人にしかきっと分からない。

 

祖父や祖母よりもっと上の世代、明治期に生まれた人達の中には、軍国主義に染まってゆく日本の様子を冷静に一歩引いて、あるいは少し馬鹿にして見ていた人もいたという。

 

祖父や祖母達は生まれた時から軍国教育がなされ、まだ大人になりきらないうちに「すべては間違いでした。これからは平和主義でいきます。アメリカを見習いましょう」となった。

 

「今までのはなんやったとけぇ?こげんかわっもんかねぇ」

今は亡き祖父のつぶやきがきこえてくる、、、。

 

僕が生まれる前に戦争は始まり、僕が生まれる前に戦争は終わった。

日本人としてどのようにとらえるべきか、長らく宙ぶらりんであった。

 

多くの日本人が亡くなった。

 

夏が来るたびに、なぜこんな戦争をしなければいけなかったのか、回避するすべはなかったのかと調べてはみるけど、いろんな人がいろんなことを言っている。おそらく、どれも間違ってはいないんだろう。

 

ゆえに長らく宙ぶらりんであった。

 

その後、祖父と祖母がどのようにして出会ったのか詳しい事は分からない。

ただ、今改めて思い返してみると2人の話から推測するに戦争になっていなければ、2人は出会っていなかった、あるいは結婚していなかった可能性が高い。

 

このことを僕はどんな風に思えばいいのか、、、。

 

戦争はあってほしくなかったけど、もしあの時あの時代に日本が戦争をしないという歴史を歩んでいたらおそらく、僕は今頃、影も形もない。

 

このことを僕はどんな風に思えばいいのか、、、。

 

生まれる前だから、とか宙ぶらりんのまま、だとか言ってる場合ではない。

歴史を学ぶ意味、ではなくもっと重い責任というのものをひしひしと感じている。

 

  

 

苦いがうまいに変わる時

 

                                        f:id:keikariyan:20180907140604p:plain

 

7月に突入しました。さほど日数は経っていないのに、月が変わった、7月になったというだけで、雨に降られ、湿気にやられた梅雨の時が早くも小さな過去になりつつあります。

 

夏、到来です!

 

いや~、ビールがおいしい季節です。仕事終わりのビール最高です。今でこそビールをおいしいと思えるようになりましたが、お酒を飲むようになった20代前半は『ビール=苦くてまずい』でした。

 

おいしくないならそれはそれで好みだし、別にいいじゃんって思っていたんですが、乾杯はやっぱビールだよな~、なんか絵的にとか、とりあえずビールって言いたいみたいな、そんなふうに変わっていきました。

 

ビール好きの大半が、人生で一番最初に飲んでみたビールの感想は「まずい」だそうです。そりゃそうでしょう、苦いですもん。

それがいつしか今では「かぁ~、うまい!!」に。ということはほとんどの人が『苦い=まずい』が『苦い=うまい』に変わる瞬間があったという事です。

 

僕の場合はシャンディガフというカクテルを知ったのがきっかけでした。レシピはビール1/2、ジンジャエール1/2。見た目も泡がちゃんとあってビールと変わりません。この時点で”絵的に”という部分はクリア。味もビールの苦みは抑えられ大変飲みやすいと感じました。一時期は一杯目は必ずと言っていいほどシャンディガフをオーダーしていました。

このシャンディガフというカクテルを繰り返し飲んでいるうちに抑えられているビールの苦みがいい意味で気になるようになり、しまいにはジンジャエールの甘み、いらなくねぇ~と思うようになりました。

 

そんなこんなでビールをおいしいと思うようになったわけですが、人は成長するにしたがって酸味や苦みをおいしいと思うようになるそうです。

大人の階段のぼるぅ~的な??

 

ビールを飲めるようになりたいと思っている人は、とりあえずビアカクテルを試してみるのも手かもしれません。シャンディガフをはじめカシスビア、ピーチビア、ミントビアなどなど。その中でもカシスビアは甘くて濃いカシスリキュールとビールを合わせたカクテルで女性におすすめです。

 

シャンディガフでもまだ全然苦いわーと思うなら、思い切ってジンジャエールの量を多くしてみては?8:2とか。家でも簡単に作れるカクテルですし。

 

そうこうしてるうちに苦いがうまいに変わる瞬間が訪れるかもしれません。

大人の階段のぼるぅ~的な??

 

 

維新150年、興味津々!?

 

           f:id:keikariyan:20180907133510p:plain

 

甲突川沿いにある、”明治維新150年!”と書かれているいくつもの幟(のぼり)が今日も風に吹かれたなびいております。

そう、今年は明治維新から節目の150年!

鹿児島市内は何かと盛り上がっております。(、、、多分)

 

というわけで、西郷どん大河ドラマ館に行って来ました。平日にしてはけっこう人がいました。(一番人だかりができていたコーナーはドラマ出演者のサイン色紙が飾られてるトコロでしたが、、、)

 

ドラマ館を出て甲突川沿いを行くとほどなくして維新ふるさと館に着きます。明治維新を中心に、薩摩藩や日本の歴史についての展示を行っている資料館でかなり充実してる施設です。

その道中に西郷隆盛生誕の地が、そして維新ふるさと館を過ぎたすぐの所に大久保利通生誕の地があります。

西郷さんと大久保さん、ホントご近所だったんすね、とリアルに実感できます。

 

西郷さんや大久保さんが生まれ育った加治屋町という所、当時はわずか70数軒程度だったそうです。この狭い地域から西郷さんや大久保さん以外にも幕末から明治期にかけて多くの偉人が輩出されました。これは驚くべき事です。

 

その要因はいくつか考えられますが、一番はやはり教育にあったのではないかと思います。薩摩藩独自の教育制度”郷中教育”、「学びつつ教え、教えつつ学ぶ」。

知の巨人ピーター・ドラッカーも「人に教えることほど、勉強になることはない」という言葉を残しています。人に教えるということはまずはしっかり理解していないといけません。そして教える側は復習にもなるし、教わる側からの質問などで様々な気付きがあったり、考えが深まったりと、学ぶということに関してかなり理にかなった制度だったのではないでしょうか。

そして郷中教育の規範となった日新公いろは歌です。これにより武士としての精神が養われました。幼いころからこれを暗唱させられたようです。まずは覚える、意味は分からずともソラで言えるようになるまで覚える。意味はその後。一見非効率のように思えますが、血肉にするには一番いい方法です。

 

これらをベースにしてさらに各々が独自に勉学に励んでいったわけです。

 

本屋に行くと当然”西郷どんコーナー”が設けられており、多くの関連書籍が並んでいます。最近、磯田道史さんの”素顔の西郷隆盛”という本を読みましたが、その中で薩摩藩と長州藩の違いについて触れてる部分がありました。何かと観念的な議論で終わる長州人に対し実生活に置き換え則物的にモノを考える薩摩人。倒幕という観念を現実に変換し具体的な作業ができた。学問=実学、行動してなんぼ、実践してなんぼという事でしょう。こういった考えができるのもひとえに郷中教育のおかげだったそうです。

 

ちなみにこの本、大変読みやすく新書ですが多くのエピソードが盛り込まれています。幕末史の流れを把握している人なら誰でも楽しめる一冊だと思います。

 

幕末期、多くの偉人を輩出した、この事実に関して忘れちゃいけないのが桜島の存在です。この雄大な活火山を目の前にしたら「いっだましいれっ、気張らんな!(魂を、気合を入れて頑張らないと!)」という気持ちに自動的になりますし、何か自分がデッカイことできんじゃねぇ―かなって気になります。

先ほどの”素顔の西郷隆盛”の中に”薩摩藩は他藩と比べ武張ったマッチョな文化”という表現が出てきますが、これに関してもやはり桜島の存在が無縁ではないでしょう。

 

これほどの活火山の麓にしっかりとインフラが整備され、それなりの規模の都市が栄えているのは世界的にも珍しいそうで。噴火したってどこ吹く風、いつもの事と受け流す、そりゃマッチョにもなりますわなぁ。昔の武士ならなおのこと、、、。

 

そういえば最近、コンビニで”平成の薩長土肥連合”なる広告を見かけました。

「・・・へぇー・・・。」

 

明治維新から節目の150年、何かと盛り上がっております。(、、、おそらく)

 

とりあえず、居酒屋や弁当屋さんなどでは、”西郷丼”というメニューがどこ行ってもやたらと目に付くようになりました。

 

  

 

 

 

雲をつかむ瞬間

 

 

                                f:id:keikariyan:20180907145318p:plain

 

 数年前から日記をつけています。我ながらよく続いてるもんだなぁと思います。

 

30歳をサカイに一年が年を追うごとに早く過ぎ去ってしまう事に何かしらの悪あがきというか対策はないかと考え、行きついた答えが”日記をつける”ということでした。

 

ただ流れ去る何でもない日常を無理くりにでも意味あるものに、的なノリです。

 

毎日書く場所や時間帯が固定されてくると割と続くものです。だだ時たま2,3日書きそびれることもあり、まとめて書くこともあります。

そんな時ふと思うのがいつもとは違う場所や時間帯で、しかもまとめて書くとその内容や用いる単語、言い回しは違ってくるんだろうな~ということです。

(その場所だったから、その時間帯だったから、その心持だったから、書けたもの、書けなかったもの、みたいな、、、)

 

 

何かと文を書く機会が多いのですが、「これはうまくかけた」、「いい言葉見つけた」という時がたまにあります。(そんな時は何度も読み返しては一人でにやけています)

 

例えるなら頭のすぐ上とかにいくつかの言葉や言い回し達が雲のように漂っていて、自分の伝えたいことがちゃん伝わるであろう一番最適な表現をうまいことつかまえて書く。

 

一瞬でも気を抜くと指の間からすり抜けてこぼれ落ちるように記憶の彼方に追いやられる。そうなってしまったものをもう一度取り出すのは至難のワザです。

 

うまい表現を思いつき書く、まさに雲をつかむ瞬間というのはそう多くは訪れません。この場所、この時間帯で例えばカプチーノを飲んでる間だけはうまい表現を思いつく、いいアイディアが溢れ出す、みたいなのがあればなぁ~と思うのですが、、、。

 

しいて言うなら以前このブログで書いた頭の中の黒板をスッキリさせた直後なら雲をつかめる瞬間が訪れやすいかもしれません。

 

ちなみに日記を書くのは次の日がいいようです(もちろん人それぞれですが)。昨日を冷静に俯瞰でき、かつ、まだ記憶に新しいからです。

僕が日記を書く目的がもう一つあります。それは20年後とかに”20年前の今日、俺は何をしていて、何を考えていたんだろう”といった具合に振り返りたいからです。

それってすごいおもしろいと思うわけです。

 

よくしゃべる人

よくしゃべる人っていますよね~

 

僕自身は専ら聞き役だし、ラクといえばラクなんですが、、、 

たまに

”えっ、今!?”って時にしゃべってきます。

 

こっちが何かの作業中だったり、

何かの数を数えてる時だったり、、、。

 

そしてたいていは

”今じゃなくてもよくねぇ!?”って話題だったりします。

まぁ別にいいんですけど、、、。

 

本当に話がうまい、おもしろい人というのは

話す内容もさることながら

その話しをするタイミングまで心得ている人のことだと思います。

このタイミングだからこそってのがあります。

 

 

基本的に人は話すのが得意か、書くのが得意かで

わかれると思います。

もちろんどっちも得意という人はいるでしょうが、

それはきっと後から身に付いたもので、

生まれながらにして両方とも得意という人は少数だと思います。

 

僕自身は書く方かな~、やっぱり。

 

この話をしようと前もって準備してるものなら

大丈夫なんですが、

いかんせん、アドリブにめっぽう弱い。

 

その場は何とか繕えるんですが、

発言力は弱まり

後になってこう言えばよかったとか、

この言葉を使えばより伝わったかもとか、

一人時間差攻撃に見舞われます。(、、、一人時間差攻撃??)

 

 

こんな僕にも

まれに相談を持ち掛けられる事があります。

 

聞き上手だと思われてんのかな~と解釈していたのですが、

ある時それとなく、

なんで俺に相談したん?的な事をきいたら、

「普段あまり発言しない分、たまにの発言に重みがある、

しっかり考えてモノを言ってくれる」とのこと。

 

・・・・。

 

発言しないのではなく、

一人時間差中で

的確な言葉とか内容が思い浮かばないのであり、

たまにの発言も後で反省し(攻撃され)まくってるんですけど、

なんかすいません。

 

 

よくしゃべる人はとにかく楽しそうです。

雄弁は銀、沈黙は金

なんて言葉ありますけど、

どっちが金でどっちが銀か分からなくなります。

 

人生を謳歌するには

多少の厚かましさとともにしゃべりまくる技術も

必要なんじゃないかと思うくらい実に楽しそうです。

 

楽しいならいいんですけど、

こっちが何かの数かぞえてる時くらいは

静かにしてもらえませんかねぇ~。

  

春に歌えば

                    

                                    f:id:keikariyan:20180907144406p:plain

 

 

4月に入り、天気のいい日が続きました。

ここ2、3日は寒さがぶり返し、雨が降ったりもしましたが、

また今日は、大変よく晴れました。

肌寒さは若干残るものの、気持ちのいい日曜日です。

 

おろしたてのジーンズのすそを2,3回おり曲げ、

靴下はくるぶしまでのヤツ、

そんな僕の足元を見たあのコが

「春ですね」

なんてゆーもんだから、

ちょっとご機嫌な今日この頃、、、。

(40前ですが、何か??)

 

何だかよく分からなかったいつもの街路樹も

いっちょ前に白い花をつけるもんだから、

「あ、これ花咲くヤツだったんだ」

と改めて思い、これを皮切りに

やたらと咲いてる花が、目にとまるようになりました。

 

人んちのツツジだったり、校門前の花だんだったり、

足元に咲く名もない小さな花だったり、、、

 

「春ですね」

 

そういえば、ちょうど一週間前花見をしました。

今日以上に天気が良く、しかも暖かく、

chayの”あなたに恋をしてみました”とsumikaの”Lovers"が

交互に繰り返し流れてるような、絶好の花見日和でした。

 

缶ビール片手にそこいらのベンチでサクッと、

とういうようなものをイメージしていたのですが、

誘ってくれた友達のおかげで

シートに腰を落ち着け、手作りのお弁当もご馳走になるという

本格的な花見を楽しむことができました。

 

こんな日はスピッツ日和でもあるな~

 

などと思い、その瞬間からなぜだか

”冷たい頬”が頭の中で流れていました。

 

素敵な時間をありがとう。桜舞う川沿いの風景と友達に感謝!

 

 

幸せは途切れながらも続くのです(スピッツ、”スピカ”より)