俺はもう本気だしてるんだけどなぁ。

~かーりーの、ブログ~

漢字、いい感じ!

本日12月12日は、いい字一字で漢字の日ということで、

京都清水寺で、”今年を表現する漢字”が発表されました。

 

今年はという漢字でした。

 

その昔、漢字はこれこそが正真正銘の文字である、

というような意味で、真名と呼ばれてたそうです。

(それに対して仮の字である仮名)

 

奈良時代とか、それくらいの時代でしょうか、

当時は中国が超先進国であり、その中国に倣えの格好で

大事な政治的資料などは、

すべて漢字で書かれ、頭の良い人しか扱えなかったので、

 

正真正銘の文字=漢字➔真名

 

だったのでしょう。

 

その後、遣唐使が廃止され、国風文化が華開き、

仮名文字も少しずつ使われるようになり、

日記が流行ったりなんかして、ついには、

日本最古の女性による長編小説、

 

源氏物語が成立します。

 

それ以降も日本人は漢字と仮名をバランスよく使い分け

日本語として、文字として発展していきます。

 

ところが、江戸時代中期頃から誰が言い出したのか

漢字廃止論が主張され始めたそうです。

 

そして最大の危機が太平洋戦争終結後の

GHQによる日本語をローマ字表記にしようとする計画。

(「日本語は漢字が多い、識字率が悪い、民主化が進まない」

という理由)

 

はぁ~、むちゃくちゃやな~

 

それを受けて識字率調査を行ったところ、

漢字を読めなかったのは2%程度だったそうです。

 

日本人なめんな!

 

よって、撤回されました。

 

やっぱり漢字はあった方がいい!

文を書く時、ひらがなカタカナだけじゃ、

つまらない、表現しきれないし、

何より、文字が単純化してしまうと、知的レベルが

下がってしまう気がします。

 

自分自身にとっての今年の漢字

う~ん、何だろうな?いろいろあったからなぁ~

 

正直一文字じゃ無理!!