俺はもう本気だしてるんだけどなぁ。

~かーりー@時には読書三昧~

レコ大からの紅白、という時代


スポンサードリンク

先日、街の十字屋クロスの店頭にて、

的野祥子さんというアーティストがミニライブを行っていました。

たまたま通りかかったわけですが、

いい曲だな、CD買おうかなと思いましたが、

仕事前で時間がなくあきらめました。(後日購入)

 

目の前で歌っており、いい曲だな、と思ったから

さすがに買う気になりましたが、

普段は本当にCD買わなくなりました。

これ以外に今年買ったのは

桑田佳祐がらくたのみで、計2枚。

手元にあるよさとか、安心感とか自分自身備わってるつもりですが、

結局、音楽アプリやYouTubeですませてしまいます。

 

例えばラジコとかコンビニとかで、ある曲がかかっていて

いい曲だなと思い調べてみると、

数年前にリリースした曲だったりすることがあります。

毎週CDランキングを気にしてた10代の頃じゃ考えられない。

知らないでいたその数年間を思うと

何だか損した気になり、

これだけ情報が溢れている時代なのに、

なんで俺の耳には届いていないん⁉と思ってしまいます。

 

そんなことをつらつら考えていると

何かの本で読んだある文が思い出されました。

 

情報が豊富になれば注意力の貧困を招く。

 

これか、、、これだ。

時代は進んでいるのか、あるいは後退しているのか、

分からなくなります。

 

そういえば昔はレコード大賞も大晦日にあり、

レコード大賞出てからのNHK着くなりそのまま紅白で

歌うみたいなことが、よくあった気がします。

それは見ている側としては

けっこうスリリングで楽しいものでした。

 

聞きたい音楽はいつでもどこでも取り出せて、

それぞれの好みは細分化されて、CDは売れない時代で、

そして、何かと話題のNHKですが、

結局紅白見るんだろうなぁ(安室ちゃん出るし)