俺はもう本気だしてるんだけどなぁ。

~かーりー@時には読書三昧~

一年の計は元旦にあり、オッサン大志を抱く


スポンサードリンク

     

                              f:id:keikariyan:20180907141613p:plain

 

 

新年、明けましておめでとうございます!

 

一年の計は元旦にありという言葉があります。

一年の計画は、元旦に立てるべきで、物事を始めるにあたっては、しっかりと計画を立てるのが大切という意味です。

例えば、初日の出を見つつだとか、初詣に行った時とかに

”今年こそは!!”的な事だと思うのですが、

僕の場合、(というかそこそこの確率で、多分、鹿児島県人は)

この時期に桜島を見ると、一年の計を立てたくなります。

威風堂々雄大に、腕組みをしているかのようなその姿を見ていると

否が応でも大志を抱きたくなります、中年ですが、、、。

(薩摩の維新志士たちも、きっと!!)

そして一年の目標とか、計画をあれこれ考えているうちに、

【思考は現実化する】をいつのまにか再読したり何かして、、、。

 

そういえば去年の桜島の爆発的噴火の回数は81回だったそうです。

ちなみに一昨年は47回。

大正大噴火から100年以上が経ち、

そろそろ大噴火くるんかな、と若干戦々恐々ともしていますが、

今日みたいに晴れた日に桜島を眺めていると、

鹿児島のシンボルとして、やっぱりあってよかったなぁと思うわけです。