俺はもう本気だしてるんだけどなぁ。

~かーりーの、ブログ~

桜(ショートショート)

開花予想日が来ても、桜は咲かなかった。

早々に予定を組んでしまったのだろう、花のない花見のための

ブルーシートがちらほらあった。

「可哀想に」

思ってはみたが、まあ仕方ない。

ずっと曇天の日が続き、気温も低いままだった。

 

それから二日程過ぎて、ようやく晴れた。

気付けば川沿いの桜はいっせいに満開になっていた。

 

その後の三日間は、大変に良く晴れた。

週末とも重なり、かなりの賑わいをみせた。

時折の風は強めに吹くものの、

「寒い」

という印象は与えなかった。

花見は寒い、そこが難点だと決めつけていたが、今年は違った。

出店の焼きそばのソースの匂いが鼻をついたりもした。

 

暖かく、穏やかで、平和で。

 

それからの二日間は、また天気が悪くなった。

というか荒れに荒れた。

 

まさに春の嵐であった。

 

明け方に雷が鳴ったりもした。

そういえば昨日かその前か、青空の遠くのずっと向こう側の方に、

モクモクっとした雲の見本のような雲があったのを思い出した。

 

雷が通り過ぎると、ただもうひたすらに雨が降り、

風がその雨とともに窓を何度もたたいた。

 

桜は散るだろう。

 

嵐が去り、青空がのぞき、日差しが戻り、川沿いに行ってみると

何事もなかったかのように桜は、変わらず平然と咲き誇っていた。

場所取りのブルーシートがいくつもあった。

 

何一つ変わっていない桜を、違う気持ちでしばらく見入り・・・。

 

散りゆくさま、その儚さに美を見出し、、、云々・・・。

桜はおそらく、そんなことは知らない。

 

咲いてる間は、咲いてる以上は、ただただ力強くある。

 

命の儚さ、ではなくその強さを知る。

人間もまた・・・。

 

時折の風は相変わらず強く、、、

いちいちその度に、小さく、花吹雪が舞った。(了)