俺はもう本気だしてるんだけどなぁ。

~かーりーの、ブログ~

雲をつかむ瞬間

数年前から日記をつけています。我ながらよく続いてるもんだなぁと思います。

 

30歳をサカイに一年が年を追うごとに早く過ぎ去ってしまう事に何かしらの悪あがきというか対策はないかと考え、行きついた答えが”日記をつける”ということでした。

 

ただ流れ去る何でもない日常を無理くりにでも意味あるものに、的なノリです。

 

毎日書く場所や時間帯が固定されてくると割と続くものです。だだ時たま2,3日書きそびれることもあり、まとめて書くこともあります。

そんな時ふと思うのがいつもとは違う場所や時間帯で、しかもまとめて書くとその内容や用いる単語、言い回しは違ってくるんだろうな~ということです。

(その場所だったから、その時間帯だったから、その心持だったから、書けたもの、書けなかったもの、みたいな、、、)

 

 

何かと文を書く機会が多いのですが、「これはうまくかけた」、「いい言葉見つけた」という時がたまにあります。(そんな時は何度も読み返しては一人でにやけています)

 

例えるなら頭のすぐ上とかにいくつかの言葉や言い回し達が雲のように漂っていて、自分の伝えたいことがちゃん伝わるであろう一番最適な表現をうまいことつかまえて書く。

 

一瞬でも気を抜くと指の間からすり抜けてこぼれ落ちるように記憶の彼方に追いやられる。そうなってしまったものをもう一度取り出すのは至難のワザです。

 

うまい表現を思いつき書く、まさに雲をつかむ瞬間というのはそう多くは訪れません。この場所、この時間帯で例えばカプチーノを飲んでる間だけはうまい表現を思いつく、いいアイディアが溢れ出す、みたいなのがあればなぁ~と思うのですが、、、。

 

しいて言うなら以前このブログで書いた頭の中の黒板をスッキリさせた直後なら雲をつかめる瞬間が訪れやすいかもしれません。

 

ちなみに日記を書くのは次の日がいいようです(もちろん人それぞれですが)。昨日を冷静に俯瞰でき、かつ、まだ記憶に新しいからです。

僕が日記を書く目的がもう一つあります。それは20年後とかに”20年前の今日、俺は何をしていて、何を考えていたんだろう”といった具合に振り返りたいからです。

それってすごいおもしろいと思うわけです。