俺はもう本気だしてるんだけどなぁ。

~かーりー@時には読書三昧~

維新150年、興味津々!?


スポンサードリンク

 

           f:id:keikariyan:20180907133510p:plain

 

甲突川沿いにある、”明治維新150年!”と書かれているいくつもの幟(のぼり)が今日も風に吹かれたなびいております。

そう、今年は明治維新から節目の150年!

鹿児島市内は何かと盛り上がっております。(、、、多分)

 

というわけで、西郷どん大河ドラマ館に行って来ました。平日にしてはけっこう人がいました。(一番人だかりができていたコーナーはドラマ出演者のサイン色紙が飾られてるトコロでしたが、、、)

 

ドラマ館を出て甲突川沿いを行くとほどなくして維新ふるさと館に着きます。明治維新を中心に、薩摩藩や日本の歴史についての展示を行っている資料館でかなり充実してる施設です。

その道中に西郷隆盛生誕の地が、そして維新ふるさと館を過ぎたすぐの所に大久保利通生誕の地があります。

西郷さんと大久保さん、ホントご近所だったんすね、とリアルに実感できます。

 

西郷さんや大久保さんが生まれ育った加治屋町という所、当時はわずか70数軒程度だったそうです。この狭い地域から西郷さんや大久保さん以外にも幕末から明治期にかけて多くの偉人が輩出されました。これは驚くべき事です。

 

その要因はいくつか考えられますが、一番はやはり教育にあったのではないかと思います。薩摩藩独自の教育制度”郷中教育”、「学びつつ教え、教えつつ学ぶ」。

知の巨人ピーター・ドラッカーも「人に教えることほど、勉強になることはない」という言葉を残しています。人に教えるということはまずはしっかり理解していないといけません。そして教える側は復習にもなるし、教わる側からの質問などで様々な気付きがあったり、考えが深まったりと、学ぶということに関してかなり理にかなった制度だったのではないでしょうか。

そして郷中教育の規範となった日新公いろは歌です。これにより武士としての精神が養われました。幼いころからこれを暗唱させられたようです。まずは覚える、意味は分からずともソラで言えるようになるまで覚える。意味はその後。一見非効率のように思えますが、血肉にするには一番いい方法です。

 

これらをベースにしてさらに各々が独自に勉学に励んでいったわけです。

 

本屋に行くと当然”西郷どんコーナー”が設けられており、多くの関連書籍が並んでいます。最近、磯田道史さんの”素顔の西郷隆盛”という本を読みましたが、その中で薩摩藩と長州藩の違いについて触れてる部分がありました。何かと観念的な議論で終わる長州人に対し実生活に置き換え則物的にモノを考える薩摩人。倒幕という観念を現実に変換し具体的な作業ができた。学問=実学、行動してなんぼ、実践してなんぼという事でしょう。こういった考えができるのもひとえに郷中教育のおかげだったそうです。

 

ちなみにこの本、大変読みやすく新書ですが多くのエピソードが盛り込まれています。幕末史の流れを把握している人なら誰でも楽しめる一冊だと思います。

 

幕末期、多くの偉人を輩出した、この事実に関して忘れちゃいけないのが桜島の存在です。この雄大な活火山を目の前にしたら「いっだましいれっ、気張らんな!(魂を、気合を入れて頑張らないと!)」という気持ちに自動的になりますし、何か自分がデッカイことできんじゃねぇ―かなって気になります。

先ほどの”素顔の西郷隆盛”の中に”薩摩藩は他藩と比べ武張ったマッチョな文化”という表現が出てきますが、これに関してもやはり桜島の存在が無縁ではないでしょう。

 

これほどの活火山の麓にしっかりとインフラが整備され、それなりの規模の都市が栄えているのは世界的にも珍しいそうで。噴火したってどこ吹く風、いつもの事と受け流す、そりゃマッチョにもなりますわなぁ。昔の武士ならなおのこと、、、。

 

そういえば最近、コンビニで”平成の薩長土肥連合”なる広告を見かけました。

「・・・へぇー・・・。」

 

明治維新から節目の150年、何かと盛り上がっております。(、、、おそらく)

 

とりあえず、居酒屋や弁当屋さんなどでは、”西郷丼”というメニューがどこ行ってもやたらと目に付くようになりました。