俺はもう本気だしてるんだけどなぁ。

~かーりーの、ブログ~

苦いがうまいに変わる時

7月に突入しました。さほど日数は経っていないのに、月が変わった、7月になったというだけで、雨に降られ、湿気にやられた梅雨の時が早くも小さな過去になりつつあります。

 

夏、到来です!

 

いや~、ビールがおいしい季節です。仕事終わりのビール最高です。今でこそビールをおいしいと思えるようになりましたが、お酒を飲むようになった20代前半は『ビール=苦くてまずい』でした。

 

おいしくないならそれはそれで好みだし、別にいいじゃんって思っていたんですが、乾杯はやっぱビールだよな~、なんか絵的にとか、とりあえずビールって言いたいみたいな、そんなふうに変わっていきました。

 

ビール好きの大半が、人生で一番最初に飲んでみたビールの感想は「まずい」だそうです。そりゃそうでしょう、苦いですもん。

それがいつしか今では「かぁ~、うまい!!」に。ということはほとんどの人が『苦い=まずい』が『苦い=うまい』に変わる瞬間があったという事です。

 

僕の場合はシャンディガフというカクテルを知ったのがきっかけでした。レシピはビール1/2、ジンジャエール1/2。見た目も泡がちゃんとあってビールと変わりません。この時点で”絵的に”という部分はクリア。味もビールの苦みは抑えられ大変飲みやすいと感じました。一時期は一杯目は必ずと言っていいほどシャンディガフをオーダーしていました。

このシャンディガフというカクテルを繰り返し飲んでいるうちに抑えられているビールの苦みがいい意味で気になるようになり、しまいにはジンジャエールの甘み、いらなくねぇ~と思うようになりました。

 

そんなこんなでビールをおいしいと思うようになったわけですが、人は成長するにしたがって酸味や苦みをおいしいと思うようになるそうです。

大人の階段のぼるぅ~的な??

 

ビールを飲めるようになりたいと思っている人は、とりあえずビアカクテルを試してみるのも手かもしれません。シャンディガフをはじめカシスビア、ピーチビア、ミントビアなどなど。その中でもカシスビアは甘くて濃いカシスリキュールとビールを合わせたカクテルで女性におすすめです。

 

シャンディガフでもまだ全然苦いわーと思うなら、思い切ってジンジャエールの量を多くしてみては?8:2とか。家でも簡単に作れるカクテルですし。

 

そうこうしてるうちに苦いがうまいに変わる瞬間が訪れるかもしれません。

大人の階段のぼるぅ~的な??