俺はもう本気だしてるんだけどなぁ。

~かーりーの、ブログ~

8月15日~終わらざる夏~


スポンサードリンク

昭和20年8月15日、祖母はこの日、鹿屋から実家の有明町までの数十キロの道のりを一人トボトボと歩いて帰ったという。

祖父は大人達と一緒に雑音がひどい玉音放送を聞いていたという。

 

この日を境にそれまでの正義が悪に、そしてそれまでの悪が正義に変わった。

 

「今までのはなんやったとけぇ?こげんかわっもんかねぇ」

(今までのはなんだったのか、こんなに変わるものなのか)

祖父はこんなふうに思ったそうだ。そしてこんなふうにも、、、。

「まぁ、戦争に負けっしもたでねぇ」

 

昭和の初めに生まれた世代は10代の多感な時期にこの境目に遭遇している。

このあまりの変わりように、どんな風に一人一人自分の中で納得していったのか、あるいは納得できたのか、想像してみるけれど、、、あの時代の空気を吸った人にしかきっと分からない。

 

祖父や祖母よりもっと上の世代、明治期に生まれた人達の中には、軍国主義に染まってゆく日本の様子を冷静に一歩引いて、あるいは少し馬鹿にして見ていた人もいたという。

 

祖父や祖母達は生まれた時から軍国教育がなされ、まだ大人になりきらないうちに「すべては間違いでした。これからは平和主義でいきます。アメリカを見習いましょう」となった。

 

「今までのはなんやったとけぇ?こげんかわっもんかねぇ」

今は亡き祖父のつぶやきがきこえてくる、、、。

 

僕が生まれる前に戦争は始まり、僕が生まれる前に戦争は終わった。

日本人としてどのようにとらえるべきか、長らく宙ぶらりんであった。

 

多くの日本人が亡くなった。

 

夏が来るたびに、なぜこんな戦争をしなければいけなかったのか、回避するすべはなかったのかと調べてはみるけど、いろんな人がいろんなことを言っている。おそらく、どれも間違ってはいないんだろう。

 

ゆえに長らく宙ぶらりんであった。

 

その後、祖父と祖母がどのようにして出会ったのか詳しい事は分からない。

ただ、今改めて思い返してみると2人の話から推測するに戦争になっていなければ、2人は出会っていなかった、あるいは結婚していなかった可能性が高い。

 

このことを僕はどんな風に思えばいいのか、、、。

 

戦争はあってほしくなかったけど、もしあの時あの時代に日本が戦争をしないという歴史を歩んでいたらおそらく、僕は今頃、影も形もない。

 

このことを僕はどんな風に思えばいいのか、、、。

 

生まれる前だから、とか宙ぶらりんのまま、だとか言ってる場合ではない。

歴史を学ぶ意味、ではなくもっと重い責任というのものをひしひしと感じている。